Category Archives: 国家資格

解体工事施工技士



gaiyou1

解体工事施工主任とは、解体工事業に従事している現場管理者の施工管理能力に関して

知識や能力を図るための資格です。

受験料として17850円と合格者登録には4200円かかります。

試験は4択問題であり、事前に行われる講習会で配布される

テキストで勉強することが合格への近道でしょう。

gaiyou2

難易度に関してはやや易しく、合格率は65%ほどです。

勉強時間は18時間ほどでしょう。

gaiyou3

以下のいずれかに該当する者が受験できます。

1.大学又は、旧制大学で指定学科を卒業した者であって、実務経験が1年6ヶ月以上の者。

2.短期大学、高等専門学校(5年制)又は旧制専門学校で指定学科を卒業した者で

あって、実務経験が2年6ヶ月以上の者。(指定学科以外は3年6ヶ月以上)

3.高等学校、旧制中学又は旧制実業学校(甲種)で指定学科を卒業した者であって、

実務経験が3年6ヶ月以上の者。(指定学科以外は5年6ヶ月以上)

4.解体工事実務経験年数8年以上

5.(社)全国解体工事業団体連合会加入者

 

gaiyou4

就職に関しては土木工事、解体工事業などがあります。

土木施工管理技士、建築施工管理技士の資格も取得しておくと

非常に有利と言えるでしょう。

施工管理を行う仕事に従事したい方は取っておくべき四角の1つです。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share

ピアノ調律技能士

 

gaiyou1

ピアノ調律技能士とは、ピアノの調律を行う能力が一定の基準に達していることを検定する技能士資格です。

主に、ピアノが置かれている環境で伸び縮みする金属弦を正しい音程にするために調律や整調、ピアノの修理を行います。

また、資格は1級・2級・3級と分かれております。

受験料に関しては、1級は29500円、2級は26500円、3級は23500円となっています。

 

gaiyou2

ピアノ調律技能士の難易度は、それほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、学科、実技により異なりますが総じて学科の合格率は7割程度、実技の合格率は3割弱となっています。

試験は学科試験と実技試験に分かれており、調律に関する能力を問われます。

 

gaiyou3

ピアノ調律技能士の試験を受けるためには、ピアノ調律に関する実務経験が必要です。

必要な実務経験は級数や学歴によって変化しますが、3級の場合は1年以上の実務経験で受験することができます。

 

gaiyou4

ピアノ調律技能士の資格を取得していると、ピアノのメンテナンスをする作業場にて活躍できます。

名称独占資格となっているので、ピアノ調律技能士として仕事をするにはこの資格が必要ですが、

ピアノ調律をしたいのであればこの資格を取得する前にピアノメーカーなどで仕事をしてみてからで良いかもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share