Category Archives: 運転系

小型船舶操縦士

 

gaiyou1

小型船舶操縦士とは、エンジン付きのボートや水上バイクなどを運転するための必要な資格です。

初心者がいきなり運転するのは危険なため、業務独占資格に指定されています。

また、資格には1級と2級があり、それぞれ受験料が異なります。HPにてご確認をお願いします。

この資格は、有効期限があり、5年間となっています。

 

gaiyou2

小型船舶操縦士の難易度はかなり易しいと言われています。

合格率は9割弱あります。

試験は身体検査、学科試験、実技試験と分かれており、それぞれ別々に受験できます。

 

gaiyou3

小型船舶操縦士の資格は1級と2級で受験資格が異なります。

1級は17歳9か月以上の者、2級は15歳以上の者と定められていて、年齢だけが条件になっています。

そのため、性別や学歴に関係なく受験できます。

 

gaiyou4

小型船舶操縦士の資格を取得すると、ボートや水上バイクに乗れるようになります。

しかし、この資格を取得しているからといって何か仕事ができるということはないようです。

あくまでも自分の遊び用の資格になると思った方が良いでしょう。

ボートなどを自分で操縦してみたいという方のための資格といえるでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share

運行管理者

 

gaiyou1

運行管理者とは、自動車を安全に輸送するための責任者として運送事業者から選ばれ、交通の安全を管理することを仕事にしている者のことです。

バスや、タクシーといった商売するために運行している自動車を利用して貨物運送の営業を行っている事業者は、「貨物自動車運送事業法」により、営業申請するときに定められた規模の営業所ごとに必ず運行管理者の資格を持つ者を配置しなければなりません。

、また、受験料に関しては、6000円になっています。

 

gaiyou2

運行管理者の難易度はそれほど高くはないようです。合格率は70%前後になっています。

試験方法は記述式の問題となっています。

 

gaiyou3

1.自動車運輸事業者または、特定第2種利用運送事業者の事業用自動車の運行管理に関する実務経験が1年以上のもの。

2.独立行政法人 自動車事故対策機構が実施の基礎講習修了者及び、終了予定者

3.直近2回の試験で受験資格を得て、再び今回受験される方。

4.既に他の種類の「運行管理者資格者証」の交付を受けている方。

 

gaiyou4

運行管理者は事業用自動車を利用している会社には必ず必要な存在です。

そのため、この資格を持っていることによりトラックやタクシーを使った運送会社に就職しやすくなると言われています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share