Category Archives: 資源・工業系

電気取扱者

 

gaiyou1

電気取扱者とは、電気を取り扱う作業を行うことができる者だということを認めるための資格です。

危険業務であると言われており、業務独占資格に指定されているため、この資格を持っている者しか仕事はできません。

また、この資格は、講習により取得できる資格です。講習には2種類あり、高圧・特別高圧の取り扱いに関するものと、低圧の電気の取り扱いに関するものに分かれています。

それぞれ受験料が異なり、高圧・特別高圧は17000円前後、低圧は12000円前後になっているようです。

 

gaiyou2

電気取扱者の資格は講習により取得することができます。

講習は、高圧・特別高圧電気に関するものと、低圧電気に関するものとで内容が異なり、高圧・特別高圧の方は2日間で計12時間の講習になっています。

低圧電力の方は2日間で計14時間の講習になっています。

 

gaiyou3

電気取扱者の資格は学歴や性別に関係なく講習を受けられますが、年齢による制限があります。

18歳以上の者しか受講することができません。

 

gaiyou4

電気取扱者の資格を取得しても、そのまますぐに就職することは難しいでしょう。

関連する電気工事士などといった資格を取得する前に取得しておきたい資格であり、電気業に入るための第一歩として良い資格かもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share

飼料製造管理者

 

gaiyou1

飼料製造管理者とは、動物に与える飼料の製造を通して畜産物の安全性を守るための技術と知識を持っている者のことです。

飼料を作る工場などで仕事をします。

また、この資格は講習を受けることで資格を取得できます。

受講料に関しては、40000円となっておりますが、それ以外にテキスト代として25000円程度かかるようです。

 

gaiyou2

飼料製造管理者の資格は講習を受けることで取得できるので、それほど高くはなく、易しめだと言われています。

講習の最後には修了試験があるので、そのための勉強が必要でしょう。

また、講習は5日間にわたるもので、飼料の安全性や安全のための対策などに分かれています。

 

gaiyou3

飼料製造管理者の講習を受けるためには、特別な注意を必要とする飼料の製造に関する実務経験が3年以上ある者か、実務経験が3年以上でなくても、先に講習を受けておき、その後に実務経験が3年以上になった時に飼料製造管理者になる予定の者が受けられます。

つまり、飼料製造管理者になりたい者が受けることができる講習でしょう。

 

gaiyou4

飼料製造管理者の資格を取得すると、飼料の製造工場などで仕事ができます。

畜産物の安全を守りたい方には非常に良い資格になっています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share