Category Archives: 無線系

陸上特殊無線技士

 

gaiyou1

陸上特殊無線技士とは、業務無線やレーダー、衛生による無線通信設備の操作や管理を行うことができる者のことです。

業務独占資格に指定されているため、この資格を持っている者しか、仕事をすることができません。

また、この資格は1級と2級、3級、国内通信級とに分かれており、受験料に関しては、1級が5350円、2級と3級が5150円、国内通信級が4550円になっています。

 

gaiyou2

陸上特殊無線技士の難易度はそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

合格率に関しては、その級数ごとに異なっており、1級は3割程度、2級と3級は8割程度、国内通信級は3割弱となっており、きちんとした対策を練る必要があるでしょう。

試験内容は、無線に関する知識を法律の問題が出るようです。

 

gaiyou3

陸上特殊無線技士の試験は誰でも受けることができるようになっています。

年齢や性別、学歴による制限はありません。

 

gaiyou4

陸上特殊無線技士の資格を取得していると、電気通信会社や、タクシーの運転手など、幅広く仕事ができます。

タクシー運転手などはこの資格にプラスして、他の資格も必要ですが、この資格を持っているを就職に関してかなり有利に働くでしょう。

また、指定の学校で単位を取得すると、卒業する際に資格を取得して卒業できるようです。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share

海上特殊無線技士

 

gaiyou1

海上特殊無線技士とは、海上でのレーダーの取り扱いや、他の船との無線通信をする際に使用する技術についての知識を持ち合わせている者です。

業務独占資格に指定されており、この資格を持っている者でなければ仕事をすることができません。

また、資格は1級、2級、3級、レーダー級とに分かれており、受験料に関しては、1級が6550円、それ以外は5150円となっています。

 

gaiyou2

海上特殊無線技士の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、1級が5割強、2級が8割程度、3級はほぼ10割、レーダー級は9割弱になっています。

試験は無線に関するものと、その法律に関するものになっており、1級にはさらに英語なども含まれます。

 

gaiyou3

海上特殊無線技士の試験は誰でも受験できるようになっています。

年齢や性別、学歴による制限はありません。

 

gaiyou4

海上特殊無線技士の資格を取得していると、航海士や交通管制官として働くことができます。

また、仕事内容は主に無線設備や漁業通信設備の操作を行います。

指定の学校で無線に関する単位を取得すると、試験なしでこの資格を取得することもできるようです。

海上で働く仕事に就職する際には、持っていると有利になるでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share