航空工場検査員


 

gaiyou1

航空工場検査員とは、工場で整備・点検を行うことによって事故を未然に防ぐことを仕事にできる資格です。

業務独占資格であるため、この資格を持っていない人は航空機の検査や確認、航空機用の機器の製造証明を行うことはできません。

資格の種類が航空工場検査員の中でも分かれていて、航空機、航空原動機、航空機用プロペラ、

回転翼、 降着装置、 発電機、空気調和装置用機器、 飛行指示制御装置、 統合表示装置、

航法用電子計算機、 レーザージャイロ装置、 回転翼航空機用トランスミッション、ガスタービン発動機制御装置の13種類があります。

また、受験料に関しては、8000円になっています。

gaiyou2

航空工場検査員の難易度はその科目ごとに異なりますが、だいたい30%~70%程度の範囲になっています。

また、試験区分ごとに科目が4つから7つ程度ありますが1度合格した科目はその後3回までは申請により免除になるため、1度に全てに合格する必要はありません。

gaiyou3

航空工場検査員は、誰でも受けることができる資格です。

年齢や学歴に関係なく受験することができます。

gaiyou4

航空工場検査員の資格を取得しなければ、航空機の検査などの資格は行うことはできません。

そのため、航空機を取り扱う仕事を行いたい人は、この資格を取得する必要が出てきます。

 

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share