海技士


 

gaiyou1

海技士とは、船長や機関長、機関士、航海士、通信長、通信士、運航士になるために必要な資格です。

これらの職業を総じて船舶職員と言われます。船舶職員になるにはこの資格を取らなければならないため、避けられない資格になっています。

また、国土交通大臣から与えられる資格になっています。

種類によって、受験料は異なり、その幅が多いため詳しくは各自で調べてください。

gaiyou2

海技士の難易度はそれほど高くはないようです。

勉強すれば誰でも取得の可能性はあります。

また、試験方法は学科と口述、それに身体検査もあります。

gaiyou3

年齢制限なし

1級~6級海技士(航海)

1級~6級海技士(機関)

船橋当直3級海技士(航海)

機関当直3級海技士(機関)

内燃機関2級~6級海技士(機関)

17歳9ヶ月以上で乗船経歴の必要な資格

1級~3級海技士(通信)

1級~4級海技士(電子通信)

乗船経験1~3年以上(規定以上の大ききさの船に乗船して)

1級~6級海技士(航海)
1級~6級海技士(機関)
1級~3級海技士(通信)

gaiyou4

この資格を取得することで、ようやく船舶職員になれるため、船の上で仕事をしたい人はこの資格を狙ってみるのが良いと思います。

一般企業にはない特殊な技術を学ぶことも出来ておもしろいかもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share