救命艇手


 

gaiyou1

救命艇手とは、船舶時の事故などの際に応急措置をする方法などに関連した知識や能力を測るための資格です。

法律により、救命艇の数や定員の数によって乗せる必要のある救命艇手の人数が定められています。

救命艇手は、食料や航海用具などを救命艇に積み込んだり、海員と旅客を緊急時に召集して救命艇への誘導や救命設備の操作をすることで緊急事態の鎮静化をするのが仕事です。

また、受験料に関しては、5000円になっています。

gaiyou2

救命艇手の難易度は低く、100%近くの人が合格しているようです。

また、試験の内容は学科と実技に分かれています。

gaiyou3

18歳以上で、船員法に定める健康保険書をもつ者で、乗り組んだ船舶、漁船による一定の経験年数をもつ者。

ただし、これだけでは認定されません。認定資格は次のようになっています。

・18歳以上で、船員法に定める健康証明証をもち、船舶に6カ月以上乗り組んだ経験を有する者で、次のいずれかに該当する者。

1、海技士(航海)もしくは海技士(機関)または海技士(通信)の資格に係る海技従業者

2、大学、高専、高校において、救命艇の操作に関する教科課程を修めて卒業した者

3、海技大学校、海員学校、海上保安大学校、海上保安学校または水産大学校を卒業した者

4、国土交通大臣が認定した講習を修了した者(限定救命艇手のみ)

gaiyou4

救命艇手の資格を取得すると、船舶関連の会社に就職したり、海上自衛隊に入ったりできます。

この資格は緊急時に力を発揮するものなので、海上で仕事をしたい人は必要がなくても取っておいた方が良い資格かもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share