国立国会図書館職員


 

gaiyou1

国立国会図書館職員とは、図書館での情報を収集したり整理する能力を持っているかどうか証明するための資格です。

図書館の資料を整理したり、閲覧する仕事だけでなく、国会の立法案件の分析や資料の収集まで、広い範囲の仕事を正確に行えるように事務をします。

また、受験料に関しては、無料になっています。

 

gaiyou2

国立国会図書館職員の難易度はかなり高く、合格率は1%程度しかありません。

試験は1次試験から3次試験まであります。それぞれ、選択式、記述式、口述式の問題を解くことになります。

 

gaiyou3

総合職試験/大卒程度試験

1.受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。ただし、21歳未満でも大学を卒業した者・卒業見込みの者は受けられます。

一般職試験/大卒程度試験

1.受験年の4月1日で21歳以上30歳未満の者。

2.21歳未満で、以下に該当する者。

ア)大学を卒業した者・卒業見込みの者

イ)短大・高等専門学校を卒業した者・卒業見込みの者

一般職試験/高卒程度試験

受験年の4月1日で18歳以上24歳未満の者で以下に掲げる者。

ア)高校・短大・高等専門学校等を卒業した者・卒業見込みの者

 

gaiyou4

国立国会図書館職員の資格を持つことで、初めて国立国会図書館に就職することができます。

国の中枢を担う図書館のため、合格するのが難しいですが、それだけやりがいのある仕事です。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share