文化庁発掘調査研究職員


 

gaiyou1

文化庁発掘調査研究職員とは、重要な遺跡の発掘や調査および研究を行います。三内丸山遺跡、平城京など歴史的に重要な遺跡の調査などが仕事です。

文化庁発掘調査研究職員は国家公務員Ⅰ種採用試験合格者と同じような待遇を受けることができます。

また、考古学の区分と、日本古代史の区分があります。

受験料に関しては、実施先に問い合わせてください。

 

gaiyou2

この資格は、年に1回など定期的に開催される資格試験ではなく、欠員が出たときだけ試験が行われます。

そのため、合格することは非常に難しくなっています。難易度はかなり高いです。

試験の方法は、1次試験と2次試験に分かれていて、1次試験が筆記試験。2次試験が面接による試験となっています。

 

gaiyou3

受験年の4月1日に22歳以上で34歳未満の者が受けられます。

年齢による制限だけで、学歴や国籍は資格になっていません。

 

gaiyou4

文化庁発掘調査研究職員は、合格すればすぐに文化庁で働くことができます。

遺跡の発掘、調査、研究を国家に認められて行えるのでそのような仕事に就きたい人は勉強だけでもやっておくと良いと思います。

試験は毎年ではありませんが、勉強する価値は高いと思います。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share