労働基準監督官


 

gaiyou1

労働基準監督官とは、労働者の生命と健康を守るために定められている法律に従って、労働者の労働条件を整備するためにある職業で、国家資格になっています。

最近では、労働条件の確保と改善、労働災害をなくすための活動や特定の職業についていることで起こる病気の予防についても仕事になっています。

また、受験料に関しては、無料になっています。

gaiyou2

試験問題の難易度もかなり高めなのですが、それ以上に倍率が高いことが合格を阻んでいます。

合格率は3%程度とかなり低いです。また、試験は1次試験と2次試験に分かれています。

 

gaiyou3

1.21歳以上30歳未満の者。

2.21歳未満の者で次に掲げるもの。

ア)大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者

イ)人事院がアに掲げる者と同等の資格があると認める者。

 

gaiyou4

この資格を取得することで初めて労働基準監督署で働くことができます。

この仕事は全国各地で行われるので、転勤が非常に多いです。さまざまなところで仕事をしたい人はこの資格が良いかもしれません。

しかし、結婚して、子供がいたり、親が心配だという人にはお勧めできません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share