衆議院事務局職員


 

gaiyou1

衆議院事務局職員とは、衆議院の活動の補佐をする仕事です。

衆議院事務局で行われる本会議や委員会などの会議の運営や調査などを行っている国家公務員です。

衆議院事務局職員には、総合職と一般職、技術職、衛視があります。

また、受験料は無料になっています。

 

gaiyou2

難易度はかなり高く設定されています。

倍率は100倍程度でしょう。

 

gaiyou3

・日本国籍を有する者
・国会職員法第2条の規定により国会職員となることができない者以外の者に併せて

総合職試験では、

受験年の4月1日で、21歳以上30歳未満の者で以下に掲げる者。

ア)大学を卒業した者及び、受験年の3月までに大学を卒業する見込みの者。

イ)衆議院事務局がア)に掲げる者と同等の資格があると認める者。

一般職試験では、

受験年の4月1日で、21歳以上30歳未満の者で以下に掲げる者。

ア)大学を卒業した者及び、受験年の3月までに大学を卒業する見込みの者。

イ)衆議院事務局がア)に掲げる者と同等の資格があると認める者。

一般職試験では、

受験年の4月1日で、17歳以上21歳未満の者。

衛視では、

受験年の4月1日で、17歳以上22歳未満の者で、以下に掲げる者。

ア)高等学校又は中等教育学校の卒業者及び、受験年の3月までに高等学校または中等教育学校を卒業見込みの者

イ)衆議院事務局がア)に掲げる者と同等の資格があると認める者。

 

gaiyou4

この資格を取得できれば、衆議院事務局で働くことができます。

試験の難度は高いですが、政治に1番関わっているところで働けるので、そのような仕事をしたい人は受けるべきです。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share