家庭裁判所調査官補


 

gaiyou1

家庭裁判所調査官補とは、家庭裁判所で家庭紛争や非行少年を対象に主任家庭裁判所調査官の指導を受けながら、当事者や関係者などに面接を行ない、事件の原因や解決方法を調査することが仕事です。

総合職試験に合格し汰場合は家庭裁判所調査官補に採用されます。

その後2年間は裁判所職員総合研修所にて研修を受け、職務を全うできるようになります。

また、受験料に関しては無料になっています。

 

gaiyou2

難易度はかなり高くなっており、難しいと言われています。

合格率は10%前後になっています。また、試験は1次試験と2次試験に分かれており、選択式から、論述問題など、多くの方法で試験されます。

 

gaiyou3

【院卒者試験】

1.受験年の4月1日において30歳未満の者で、大学院修士課程または専門職大学院専門職学位課程を修了した者または見込みの者。

2.最高裁がこれらの者と同等の資格があると認める者。

 

【大卒程度試験】

1.受験年の4月1日において21歳以上30歳未満の者あるいは受験年の4月1日において21歳未満で大学卒業の者または見込みの者。

2.最高裁がこれらの者と同等の資格があると認める者。

 

gaiyou4

この試験を合格したら、家庭裁判所で仕事をできるようになります。

事件の解決など、影響力のある仕事のため、責任のある人がなると良いかもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share