自衛官候補生


 

gaiyou1

自衛官候補生とは、防衛庁や自衛隊で勤務することのできる特別職です。

防衛庁職員のほとんどは特別職国家公務員となっている自衛隊ですが、その中で、階級を持っており制服を着ている者が自衛官です。

階級に関しては、上から、将・将補、佐、尉、曹長、曹、士長、士となっていて、佐・尉・曹・士はそれぞれ1~3まで分かれています。

受験料に関しては無料になっています。

 

gaiyou2

自衛官候補生の難易度は低く、自衛官候補生には条件さえ満たしていればなることはできるでしょう。

身体検査で身長や視力に問題がなければ、他の試験勉強をしましょう。

 

gaiyou3

日本国籍を有し、男女共、採用予定月の1日で18歳以上27歳未満の者。

しかし、以下の項目に該当するものは受験資格はありません。

1.日本国籍を有しない者

2.自衛隊法第38条第1項の規定により自衛隊員となることができない者、

3,成年被後見人又は被保佐人、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者

4.法令の規定による懲戒免職処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

5.日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党

6.その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 

gaiyou4

自衛官候補生の資格は多くの人がなることのできる国家資格の一つです。

男女問わずにすべての職域が解放されています。そのため、全国で1万人以上もの女性自衛官が職務を全うしています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share