入国警備官


 

gaiyou1

入国警備官とは、日本国に訪れてくれた外国人や在留する外国人の不法入国や不法残留などの入国時に起こる問題の調査を行うことが仕事の国家公務員です。

そのため、外国から日本の安全と国民安全な生活を守るために仕事をしています。

また、入国警備官には一般と社会人の2種類の試験があります。

受験料に関しては無料になっています。

 

gaiyou2

入国警備官の難易度はやや高く、難しめになっています。

合格率に関しては、一般の方は3%程度、社会人の方は0.5%程度と社会人の方は圧倒的に難しくなっています。

 

gaiyou3

警備官

1.試験年度の4月1日において、高校または中学校を卒業した日から起算して5年を経過していない者及び、試験年度の3月までに高校または中学校を卒業する見込みの者

2.人事院が1.に掲げる者に準ずると認めるもの

警備官(社会人)
1.40歳未満の者の期間が経過した者及び人事院がこれらの者に準ずると認めるもの

 

gaiyou4

入国警備官は全国の入国管理局にて仕事を行います。

また、外国人の調査や摘発から、収容中の処遇や送還までを行うため、多少精神的に辛いこともあるでしょう。

ただ、外国人と関わりたい場合は別の仕事が良いと思います。

しかし、外国から国の安全を直接守るのは入国警備官なので、そのような仕事をしたい者にはお勧めです。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share