警備員指導教育責任者


 

gaiyou1

警備員指導教育責任者とは、警備員を指導計画に従って指導し、仕事をできるようにするものです。

また、警備業を行う場合はこの資格を持っている者が必要のため、重宝されます。

また、業務独占資格となっていることも特徴です。

この資格には1号から、4号まであり、それぞれ受講料も異なります。

 

gaiyou2

警備員指導教育責任者は試験ではなく、講習を受けることで取得できる資格なので難易度は低くなっています。

また、一定の条件を満たせば追加講習という形で資格を取得できるためさらに楽に取得できます。

 

gaiyou3

下記のような条件があり、そのいずれかを満たす者は受験できます。

1.最近5年間に当該警備業務の区分に係る警備業務に従事した期間が通算して3年以上の者

2.警備員等の検定等に関する規則にいう1級の検定に係る合格証明書の交付を受けている者

3.警備員等の検定等に関する規則にいう2級の検定に係る合格証明書の交付を受けている警備員であって、当該合格証明書の交付を受けた後、継続して1年以上当該警備業務の区分に係る警備業務に従事している者。など

 

gaiyou4

警備員指導教育責任者の資格を取得する者の多くは、警備会社に勤めている者です。

そのため、一般の企業に勤めているような方にはあまりメリットはないかもしれません。

しかし、警備関連の仕事をする場合はかなり役に立つでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share