核燃料取扱主任者


 

gaiyou1

核燃料取扱主任者とは、核燃料物質における取り扱いの技術を持ち、その技術を用いて現場の監督や責任者として活躍することができると認められるための資格です。

この仕事は非常に特殊な技術を要する仕事を行うため、業務独占資格に指定されています。

また、受験料に関しては、47700円となっています。

 

gaiyou2

核燃料取扱主任者の難易度はやや高くなっているようで、難しめと言われています。

また、合格率は2割程度となっており、きちんとした対策を練る必要があるでしょう。

試験は2日に分けて行われ、筆記試験になっています。核燃料に関する知識が問われる試験です。

 

gaiyou3

核燃料取扱主任者の試験は誰でも受験できる資格です。

年齢や性別、学歴に関係なく受験できます。

ただし、第一種放射線取扱主任者試験に合格した者は「放射線の測定および放射線の防止に関する技術」の試験が免除されるようです。

 

gaiyou4

核燃料取扱主任者の資格を取得すると、プルトニウムの再処理工場などで仕事ができます。

核燃料を扱う場での仕事になりますが、監督や責任者としての仕事をもらえることもあるので、上の立場から仕事をしたいという方には良いかもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share