高等学校卒業程度認定試験


 

gaiyou1

高等学校卒業程度認定試験とは、高校を卒業できなかった者の学習度合を評価するためのものです。

この試験に合格すれば高校を卒業したものと同程度の学力を認められます。

また、全ての教科を1度の受験で合格しなくても良いことになっており、受験する教科数によって受験料が異なります。

3教科以下なら4500円、4から6教科なら6500円、7教科以上なら8500円となっています。

 

gaiyou2

高等学校卒業程度認定試験の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

しかし、合格率は4割弱であり、近年は徐々に難化傾向にあるようです。

試験は最低8教科の試験に合格すると認定資格が取得できます。

 

gaiyou3

高等学校卒業程度認定試験を受験するには、受験年度に満16歳以上の者という条件があります。

つまり、年齢による制限があり、それ以外には学歴などに関係なく受験できます。

 

gaiyou4

高等学校卒業程度認定試験の認定資格を取得すれば、高等学校を卒業したことと同じ扱いを受けられます。

そのため、大学への受験などもできるようになるのが特徴です。

近年では中学校卒業の経歴だけでは就職は難しいため、この資格を取得する意味は大きいでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share