工事担任者


 

gaiyou1

工事担任者とは、電気通信設備に、端末や自営の電気通信設備を接続する工事を行う際に監督をする者です。

業務独占資格に指定されているので、この資格を持っている者しか仕事ができません。

また、単に工事担任者といえども、その種類はかなりあります。詳しくはHPをご覧ください。

受験料に関しては、8700円となっています。

 

gaiyou2

工事担任者の難易度はそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

合格率に関しては、だいたい3割程度ですが、総合種の試験に関しては1割程度しかありません。

また、試験に関しては基本的な電気工学に関する問題や電気通信に関する法律などが出題されます。

 

gaiyou3

工事担任者の試験は誰でも受験することができます。

年齢や性別、学歴に関係なく受験できます。

また、持っている資格や過去に合格した科目、学歴などにより、科目免除を受けることができます。

 

gaiyou4

工事担任者の資格を取得すると、電気通信業を行うことができます。

電子機器の需要はかなり上がっているため、情報通信業における工事担任者の資格の需要も上がっています。

そのため、この資格のみでも、何とか就職はできるでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share