気象予報士


 

gaiyou1

気象予報士とは、気象庁から提供されるデータから、気象を予想することができる者であるということを認める資格です。

1995年に改正気象業法が施行されたことで生まれました。

天気だけでなく、商品の売り上げなども予想する仕事があります。

業務独占資格に指定されているので、この資格を持っている者しか仕事をすることができません。

また、受験料に関しては、学科試験の受ける数によって変動します。すべて受ける者は11400円、1科目免除の者は10400円、2科目免除の者は9400円となっています。

 

gaiyou2

気象予報士の難易度はかなり高いようで、難しいと言われています。

合格率に関しては、1割未満になっており、十分な対策を練って試験に臨む必要があるでしょう。

試験は学科と実地の試験になっていて、学科は選択問題、実地は記述問題となっています。

 

gaiyou3

気象予報士の試験は誰でも受けることができるようになっています。

年齢や性別、学歴による制限はありません。

 

gaiyou4

気象予報士の資格を持っている者は、気象予報会社などにて働くことが多いです。

また、商品開発コンサルティングなどを行うこともあり、幅の広い資格になっています。

難易度はかなり高いですが、その分価値も高い資格になっています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share