建築施工管理技士


 

gaiyou1

建築施工管理技士とは、建築工事の際に施工計画を立てたり、工事現場では監督をしたりする施工管理の技術者です。

建築施工管理技士には、1級と2級があり1級では大規模な工事を、2級では中小規模な工事を扱います。

また、業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しか仕事をすることができません。

受験料に関しては、1級は18800円、2級は10000円となっています。

 

gaiyou2

建築施工管理技士の難易度は1級も2級もそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

また、試験は学科試験と実地試験に分かれており、それぞれ別に試験されます。

合格率に関しては、1級も2級も学科試験は5割程度、実地試験は3割程度となっており、実地試験の方が苦戦しているようです。

 

gaiyou3

建築施工管理技士の試験を受けるためには、実務経験が必要です。

実務経験は学歴により必要年数が異なり、学歴があるほど年数が少なくなります。

詳しくはHPをご覧ください。

 

gaiyou4

建築施工管理技士の資格を取得していると、土木・建築会社にて仕事ができます。

会社が仕事を得る際に、この資格を取得している者が多いと有利なので、資格としての価値は高いです。

建築現場で働くならこの資格は良いでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share