建設機械施工技士


 

gaiyou1

建築機械施工技士とは、建設現場にて建築機械の運転や管理技術者や主任技術者として建設現場の施工管理を行う者のことです。

名称独占資格として指定されているので、この名前を用いるには資格が必要です。

また、建築機械施工技士の資格は1級と2級に分かれており、1級は各種建設機械を用いて指導と監督を行います。

2級はさらに第1種から第6種に分かれており、それぞれ専門の機械があります。

受験料に関しては、1級は37900円、2級は31700円となっています。

 

gaiyou2

建設機械施工技士の難易度は1級と2級ともにそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

試験は学科試験と実地試験に分かれており、学科試験は6割以上、1級の実技試験は6割以上、2級の実技試験は7割以上の点数が必要です。

また、合格率に関しては、1級は3割程度、2級は5割程度となっており、きちんとした対策を練る必要があります。

 

gaiyou3

建設機械施工管理技士の試験を受けるためには、ある程度の実務経験が必要です。

学歴によって必要な実務経験の年数が異なります。例えば、大学で指定の単位を取得した者ならば、2級は6カ月以上の実務経験が必要です。

詳しくはHPをご覧ください。

 

gaiyou4

建築機械施工技士の資格を取得している者は、土木・建設業の会社で活躍できます。

機械の運転を中心に建築に関わっていける資格です。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share