建築整備士


 

gaiyou1

建設整備士とは、建設設備に関する知識を持っている者のことです。

建築士に対して、建築設備の設計や工事の管理に関する助言をすることが主な仕事になっています。

また、名称独占資格に指定されているため、資格を取得している者しか建築設備士と名乗れません。

受験料に関しては、34650円となっています。

 

gaiyou2

建築設備士の難易度はそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

しかし、合格率に関しては、2割弱とかなり低くなっているため、注意が必要です。

また、試験は1次試験と2次試験に分かれていて、1次試験は一般的な知識を問われる問題となっており、2次試験は設計に関する問題になっています。

 

gaiyou3

建築設備士の試験を受けるには、実務経験が必要です。

必要な実務経験は学歴によって異なっており、学歴が高いほど少ない実務経験で済みます。

 

gaiyou4

建築設備士の資格を取得していると、建設会社や建築設計事務所などで仕事ができます。

建築設備に関する知識を持ち、建設工事などの際に、建築士をサポートしたいという方にはもってこいの資格です。

建築現場において、重要な役割を持っている仕事のため、資格を持っている者は優遇されます。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share