建築整備検査資格者


 

gaiyou1

建築設備検査資格者とは、定期的に行われる建築設備の検査を行い、建築設備を安全に使用できるようにする者のことです。

正確な検査が求められるので、業務独占資格に指定されていて資格を持っている者しか仕事をすることができません。

また、この資格は講習によって取得できる資格です。受講料に関しては、50400円となっています。

しかし、建築設備士の資格を取得している者は31500円です。

 

gaiyou2

建築設備検査資格者の資格は講習によって取得できるので、難易度は易しめだと言われています。

しかし、講習の最後には修了試験があるので、注意しましょう。修了試験に不合格になってしまい、もう一度試験を受ける場合は10500円かかります。

また、講習は4日間かけて行われます。

 

gaiyou3

建築設備検査資格者の講習を受けるためには、建築設備に関する実務経験が必要になってきます。

必要な実務経験は学歴によって変化しますが、学歴が全くなくても、11年以上の実務経験があれば受講できます。

また、1級建築士や2級建築士の資格を持っている者は実務経験に関係なく受験できます。

 

gaiyou4

建築設備検査資格者の資格を取得していると、建設会社などで仕事ができます。

主に建築物の定期的な検査や点検などが仕事になります。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share