作業環境測定士


 

gaiyou1

作業環境測定士とは、危険物質が発生する作業場の作業環境を測定して、さらに分析・改善を行う者のことです。

危険物質とは、放射線物質や有機溶媒、鉱物の粉じんなどです。

この資格は業務独占資格、名称独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しかこの名を名乗れず、また仕事をすることができません。

また、第1種と第2種があり、受験料に関しては、1種は27100円、2種は11800円となっています。

 

gaiyou2

作業環境測定士の難易度はそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

合格率に関しては、第1種は6割程度、第2種は3割程度と第2種の方が難しいようです。

また、第1種には共通科目と選択科目があり、選択科目は好きな科目を1つ選べます。

共通科目は2種と同じ科目で、労働衛生や分析の出題がされます。

 

gaiyou3

作業環境測定士の試験を受けるには、実務経験が必要です。

必要な実務経験は学歴によって変化しますが、学歴が全くなくても、8年以上の実務経験があれば受験できます。

詳しくはHPをご覧ください。

 

gaiyou4

作業環境測定士の資格を取得していると、危険物質が発生する作業場を持つ企業などで仕事ができます。

しかし、この資格だけでなく関連のある資格と合わせて取得しておくと利用価値が上がってくる資格でしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share