砂利採取業務主任者


 

gaiyou1

砂利採取業務主任者とは、砂利採取をする際に発生する可能性のある災害などを防止するための知識と技術を持ち合わせている者のことです。

持ち前の知識を活かして、採取時の監督や指導を行います。

また、危険の伴う仕事のため、業務独占資格に指定されており資格を取得している者しかこの仕事をすることができません。

受験料に関しては、それぞれの試験場により異なるため、各都道府県ごとにお問い合わせください。

 

gaiyou2

砂利採取業務主任者の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率は3割程度となっていますが、近年は難化傾向にあるので注意が必要です。

試験は学科試験のみとなっており、学科試験は選択問題形式となっています。

試験の内容は砂利採取の技術と法律に関する問題が出題されています。

 

gaiyou3

砂利採取業務主任者の試験は誰でも受けることができるようになっています。

年齢や性別、学歴に関係なく受験できます。

 

gaiyou4

砂利採取業務主任者の資格を取得していると、建設会社や土木系の会社にて仕事ができます。

災害の防止にもつながる仕事なので、社会的にも重要な役割を担っています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share