酸欠・硫化水素危険作業


 

gaiyou1

酸欠・硫化水素危険作業とは、作業員が酸素欠乏になってしまう危険がある場所での作業が安全に行えるようにするための知識と技術を持っている者であることを示す資格です。

業務独占資格に指定されているため、資格を取得している者しか仕事をすることはできません。

また、この資格は講習を受けることで取得できる資格です。

受講料に関しては、18900円となっていますが、テキスト代が2100円ほど必要です。

 

gaiyou2

酸欠・硫化水素危険作業主任者の資格は講習を受けることで取得できるため、難易度は易しめだと言われています。

講習は関連する法令や、酸欠や硫化水素中毒に関する救急蘇生、防止措置、防護具などについて学習します。

また、講習の最後には修了試験があるので注意が必要です。

 

gaiyou3

酸欠・硫化水素危険作業主任者の講義を受講するには、18歳以上でなければなりません。

また、学歴や実務経験は関係なく受験できます。

 

gaiyou4

酸欠・硫化水素危険作業主任者の資格を取得していると、建設会社などで仕事ができます。

トンネルや下水道の工事には、酸欠などの危険があるので作業の効率化と安全の確保を行います。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share