建築物等の鉄骨の組み立て等作業主任者


 

gaiyou1

建築物等の鉄骨の組み立て等作業主任者とは、建築物の中心を支える鉄骨の組み立てから解体までを安全に配慮して行うことができる者のことです。

資格保持者は周りの作業者の指導や監督まで行います。

また、この資格は講習を受けることで取得できる資格です。

受講料に関しては、12600円となっていますが別にテキスト代がかかります。

 

gaiyou2

建築物等の鉄骨の組み立て等作業主任者の資格は講習を受けることで取得できる資格なので、難易度は易しめだと言われています。

また、とび科職業訓練を修了したり、とび技能士などの資格を持っていると講習の一部が免除されるようです。

講習に関しては、2日間で行われ、作業の方法から作業者への教育方法、関連する法律などを学びます。

講習の最後には修了試験があるので注意しましょう。

 

gaiyou3

建築物等の鉄骨の組み立て等作業主任者の講習を受けるには、実務経験が必要です。

必要な実務経験の年数は学歴によって変化しますが、関連する学歴が全くなくても3年以上の実務経験があれば受講できます。

 

gaiyou4

建築物等の鉄骨の組み立て等作業主任者の資格を取得していると、建設会社などで活躍できます。

橋梁を建設する場合には必ず必要な資格となっていることが特徴です。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share