木造建築物の組み立て等作業主任者


 

gaiyou1

木造建築物の組み立て等作業主任者とは、軒の高さが5メートル以上の木造建築物の組み立てや屋根の下地などを取り付ける際に安全を確保できる能力を持った者のことです。

その知識や技術を用いて現場の監督や作業者の指導を行います。

また、この資格は講習を受けることで取得できる資格となっています。

受講料に関しては、実施先ごとに異なるようです。詳しくはHPをご覧ください。

 

gaiyou2

木造建築物の組み立て等作業主任者の資格は講習を受けることで取得できるため、難易度は易しめだと言われています。

講習に関しては、2日間で行われ、木造建築物の組み立てや屋根下地の取り付け、関係する法令についての学習をします。

また、講習の最後には修了試験があるので注意しましょう。

 

gaiyou3

木造建築物の組み立て等作業主任者の講習を受けるには、実務経験が必要です。

必要な実務経験の年数は学歴によって変化しますが、全くなくても3年以上の実務経験があれば受講できます。

 

gaiyou4

木造建築物の組み立て等作業主任者の資格を取得していると、建設会社などで仕事ができます。

木造建築物の作業をする際には必ず取得しておくべき資格になっています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share