ガス溶接作業主任者


 

gaiyou1

ガス溶接作業主任者とは、ガス集合溶接装置を用いて金属の加工を行う際に、作業の管理を行う者のことです。

作業者の指導を行うので、責任者としての役割を持ちます。そのため、業務独占資格に指定されており、資格を取得している者しか仕事をすることはできません。

また、受験料に関しては、6800円となっています。

 

gaiyou2

ガス溶接作業者の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、8割弱とかなり高めになっています。

きちんと学習しておけば十分合格できるでしょう。

試験はガス溶接に関する知識やその他溶接に関する知識を問われます。

 

gaiyou3

ガス溶接作業主任者の試験を受けるためには、18歳以上でガス溶接技能講習を修了しさらに実務経験が3年以上必要です。

しかし、大学や専門学校にて溶接課程を修了した者や工学・化学学科を卒業し実務経験が1年以上の者も受験できます。

他にも受験の条件が多くあるようです。

 

gaiyou4

ガス溶接作業主任者の資格を取得していると、溶接を行う現場ではかなり重宝されます。

作業の監督をし、安全を確保するためにも必要な資格です。

 給湯器の取り付け工事

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share