危険物取扱者


 

gaiyou1

危険物取扱者とは、一定数量以上の危険物を取り扱い、製造をする施設にて危険物の取り扱いや立ち合いを行うことのできる者のことです。

危険の伴う仕事のため、業務独占資格に指定されており、この資格を取得している者しかこの仕事をすることができません。

また、この資格は甲種、乙種、丙種にわかれており、受験料に関しては、甲種は5000円、乙種は3400円、丙種は2700円となっています。

 

gaiyou2

危険物取扱者の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、甲種は3割程度、乙種は4割程度、丙種は5割程度となっており、きちんとした対策を練る必要があります。

試験は危険物に関する法令や物理や化学の知識などについて出題されます。

 

gaiyou3

危険物取扱者の試験において、乙種と丙種については誰でも受けることができるようになっています。

しかし、甲種に関しては大学にて化学に関する学科を卒業したり科学に関する授業科目を15単位以上履修した者が受験できます。

また、乙種の資格を取得すると2年以上の実務経験があれば甲種を受験できます。

 

gaiyou4

危険物取扱者の資格を取得していると、危険物を取り扱っている場で活躍できます。

具体的には化学工場やガソリンスタンドです。作業場の安全性を守る仕事です。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share