第1種圧力容器取扱主任者


 

gaiyou1

第1種圧力容器取扱主任者とは、内容量が0.2立方メートル以上の容器の圧力が気圧を超えてしまい、なおかつ液体を沸点以上の温度の状態で保持する圧力容器を取り扱う場にて安全を確保することができる者のことです。

業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しか仕事をすることができません。

また、講習によって取得できる資格となっています。

受講料に関しては、普通第1種は11000円程度、化学設備関係第1種は17000円程度になっています。

 

gaiyou2

第1種圧力容器取扱主任者の資格は講習を受けることで取得できるので、難易度は易しめだと言われています。

また、講習は普通第1種は2日間、化学設備関係第1種は3日間かけて行われます。

 

gaiyou3

普通第1種圧力容器取扱主任者の講習は誰でも受けることができるようになっています。

学歴や年齢、実務経験は必要ありません。

化学設備関係第1種は化学設備関係の実務経験を5年以上持っている者のみが受講できます。

 

gaiyou4

第1種圧力容器取扱主任者の資格を取得していると、危険物製造工場や化学設備を扱う企業にて活躍できます。

作業の方法や作業者の安全確保を行うことが主な仕事です。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share