ボイラー技士


 

gaiyou1

ボイラー技士とは、建築物のボイラーを安全に運転するための技術を持っている者のことです。

主に、ボイラーの監視や検査、調整といったことを行います。

業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しか仕事をすることができません。

また、この資格は特級、1級、2級と分かれており、受験料に関しては、すべての級が6800円となっています。

 

gaiyou2

ボイラー技士の難易度は、それほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、特級は3割程度、1級は5割程度、2級も5割程度となっています。

また、試験はボイラーの構造や取り扱い、燃料に関する知識から関連する法令までを問われます。

 

gaiyou3

ボイラー技士の試験を受けるには、基本的には実務経験が必要です。

必要な実務経験は級数によって異なりますが、海技士の資格などを取得していると実務経験なしでも受験できます。

詳しくはHPをご覧ください。

 

gaiyou4

ボイラー技士の資格を取得していると、ビル会社やホテルにて活躍できます。

特に1級か特級の資格を取得していると大規模なボイラーを取り扱えるので、かなり重宝されます。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share