高圧室内作業主任者


 

gaiyou1

高圧室内作業主任者とは、高圧工事区域から出入りする際に急激に変化する気圧によって引き起こされる減圧症などを防止するための知識を持っている者のことです。

業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しかこの仕事をすることができません。

また、受験料に関しては、6800円となっており、年にだいたい1回ほど試験が行われているようです。

 

gaiyou2

高圧室内作業主任者の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、9割程度となっており、かなり高めです。

試験は午前、午後に分かれて行われます。内容は送気・排気や高気圧障害の知識、関係する法令などが出題されます。

 

gaiyou3

高圧室内作業主任者の試験を受験するには、高圧室内業務に関する実務経験が2年以上必要です。

実務経験さえあれば、学歴や年齢による制限を受けることなく受験できます。

 

gaiyou4

高圧室内作業主任者の資格を取得していると、建設工事の現場などで活躍できます。

かなり特殊な技術のようで、会社側からの評価も高まっているようです。

工事現場の事故防止をすることで作業の効率化を進めていくような仕事をしたいという方には良いかもしれません。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share