酸素欠乏危険作業主任者


 

gaiyou1

酸素欠乏危険作業主任者とは、下水道などの密閉空間にて作業を行う際に作業者が酸欠にならないように作業の方法や換気などを行うことができる者のことです。

作業者に対して直接指示を出したり、関連器具の点検や整備などを行い、作業所の安全を確保する仕事です。

また、この資格は業務独占資格に指定されているため、資格保持者しかこの仕事をすることができません。

この資格は講習によって取得できる資格となっている資格の1つです。

受講料に関しては、各自治体に確認してみてください。

 

gaiyou2

酸素欠乏危険作業主任者の資格は講習によって取得できるため、難易度は易しめだと言われています。

講習については、酸素欠乏の原因やその防止知識、酸素欠乏症やその蘇生方法に関する知識、関係する法令などを学習します。

また、講習の最後には修了試験があります。

 

gaiyou3

酸素欠乏危険作業主任者の講習を受けるためには、年齢が18歳以上でなければなりません。

しかし、実務経験や学歴はなくても良いので比較的楽に受講できます。

 

gaiyou4

酸素欠乏危険作業主任者の資格を取得していると、酸素欠乏や硫化水素中毒防止のための安全対策などができます。

仕事の幅が広いので、作業現場ではかなりの活躍ができるでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share