火薬類取扱保安責任者


 

gaiyou1

火薬類取扱保安責任者とは、火薬等の製造やその取扱いを安全に行うことができる者のことです。

危険度の高い火薬を安全に扱うことが仕事であり、そのために作業場の監督や指揮を行います。

また、業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者にしかこの仕事をすることができません。

試験は毎年9月ごろに行われ、受験料に関しては、17000円となっています。

 

gaiyou2

火薬類取扱保安責任者の難易度はそれほど高くはないようで、易しめだと言われています。

合格率に関しては、4割程度となっています。

試験の内容は、火薬類の取り締まりに関する法令や一般的な火薬学についてが出題されます。

また、火薬類製造保安責任者の資格を取得している者は試験を免除され、指定の学校で指定の単位を取得した者は試験を一部免除されるので受験する前に確認しましょう。

 

gaiyou3

火薬類取扱保安責任者の試験は誰でも受けることができるようになっています。

年齢や学歴、実務経験などは一切必要ありません。

 

gaiyou4

火薬類取扱保安責任者の資格を取得していると、火薬類を取り扱う会社などで活躍できます。

火薬庫などの場所には必ずこの資格を取得している者を置かなければならないので、資格を取得していれば優遇されるでしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share