火薬類製造保安責任者


 

gaiyou1

火薬類製造保安責任者とは、火薬類を使用することによる災害を防止するための知識や技術を持っている者のことです。

火薬類を製造する際にその安全を第一に考え、火薬の取り扱いに関する監督を行います。

また、業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しかこの仕事をすることができません。

資格は甲種、乙種、丙種に分かれており、甲種、乙種の試験は11月に行われ、丙種の試験は9月に行われます。

受験料に関しては、甲種・乙種は25900円となっており、丙種は17000円となっています。

 

gaiyou2

火薬類製造保安責任者の難易度はそれほど高くはないようで、標準的だと言われています。

合格率に関しては、甲種・乙種が1割強、丙種が4割程度となっています。

また、学校で指定された単位を取得していると、試験の一部を免除されるので受験の前には確認しておきましょう。

 

gaiyou3

火薬類製造保安責任者の試験は誰でも受けることができるようになっています。

年齢や学歴、実務経験は一切必要ありません。

 

gaiyou4

火薬類製造保安責任者の資格を取得していると、火薬を取り扱う会社にて活躍できます。

火薬を扱う場では必ずこの資格を取得している者が必要なため、資格の価値は高くなっています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share