乾燥設備作業主任者


 

gaiyou1

乾燥設備作業主任者とは、乾燥設備で危険物などを扱う際にその安全を確保できる者のことです。

主に危険物乾燥設備や焼却設備などで有害な液体の取り扱いや労働災害の防止をすることが仕事になっています。

また、この資格は講習を受けることで取得できる資格となっています。

受講料に関しては、10000円程度となっており、教習機関ごとに異なっています。

 

gaiyou2

乾燥設備作業主任者の資格は講習を受けることで取得できるため、難易度は易しめだと言われています。

講習は2日間、16時間かけて行われます。

講習の内容は乾燥設備の取扱や点検の方法、関連する法令などを学習します。

また、講習の最後には修了試験があるので注意しましょう。

 

gaiyou3

乾燥設備作業主任者の講習を受けるためには条件があります。

まず、18歳以上であること。

そして、乾燥設備の取り扱い作業を5年以上行ったことのある者であることです。

乾燥設備の取り扱い作業の年数に関しては、卒業した高校や大学の学部によっては少なくて済むようです。

 

gaiyou4

乾燥設備作業主任者の資格を取得していると、危険物乾燥設備を取り扱う会社で仕事ができます。

非常に特殊な技術のある資格なので需要が高いようです。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share