ガス消費機器設置工事監督


 

gaiyou1

ガス消費機器設置工事監督者とは、特定ガス消費機器の設置や変更の工事の際にその監督を行うための知識や技術を持っている者のことです。

主にガス消費機器の設置や変更の工事の際に欠陥などでガス災害が発生することの防止や調査が仕事となっています。

業務独占資格に指定されているため、この資格を取得している者しかこの仕事をすることができません。

また、この資格は講習を受けることで取得できる資格となっています。

講習は資格講習と認定講習の2種類があり、資格講習は26200円、認定講習は13600円となっています。

gaiyou2

ガス消費機器設置工事監督者の資格は講習を受けることで取得できるため、難易度は易しめだと言われています。

講習の内容は、ガスに関する基礎知識から特定ガス消費機器に関する知識まで幅広く学習することになります。

また、資格講習の最後には修了試験がありますが、認定講習には修了試験はありません。

 

gaiyou3

ガス消費機器設置工事監督者の資格講習は誰でも受けることができます。

しかし、認定講習には条件があります。

認定講習を受けるには、指定された資格を取得している者やガス協会に認められた者でなければなりません。

詳しくはHPをご覧ください。

 

gaiyou4

ガス消費機器設置工事監督者の資格を取得していると、ガス設備会社にて活躍できます。

また、液化石油ガス設備士の資格を取得している者はこの資格の仕事ができるため、この資格を取得する必要はありません。

必置資格ともなっているので資格の価値は高くなっています。

ガスコンロ給湯器設置工事

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share