ボイラー・タービン主任技術者


 

gaiyou1

ボイラー・タービン主任技術者とは、発電用ボイラーや蒸気タービンなどを安全に使用し、電力を安定して供給することができる者のことです。

主に、発電用ボイラーなどの工事や運用の監督を行います。

また、この資格は申請することで取得することができます。試験や講習はありません。

申請には交付手数料として6600円かかります。

 

gaiyou2

ボイラー・タービン主任技術者の資格は申請をすることで取得することができるので、難易度は易しめだと言われています。

一番難しいのは、申請資格を満たすことでしょう。

申請先は産業保安監督部電力安全課になるのでお近くの支部にご連絡ください。

 

gaiyou3

ボイラー・タービン主任技術者の資格を申請するにはボイラーや蒸気タービンの工事などの実務経験が必要です。

必要な実務経験は第1種、第2種によって異なりますが高卒の場合は第1種なら14年以上の実務経験が必要、第2種ならば7年以上の実務経験が必要です。

他の場合はHPにてご確認ください。

 

gaiyou4

ボイラー・タービン主任技術者の資格を取得していると、ビル設備管理会社などで活躍できます。

業務独占資格に指定されているため、ボイラー・タービンなどの仕事につきたいならばこの資格を取得することが近道でしょう。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share