空調給排水管理監督者


 

gaiyou1

空調給排水管理監督者とは、建築物に関する衛生環境を確保するために必要な技術や知識を持っている者のことです。

主に、空気環境の調整や給水・排水の管理、飲料水の水質検査などをする際に監督として仕事を行います。

また、この資格は講習を受けることで取得できる資格となっています。

受講料に関しては、31000円となっていますが、再講習の場合は22000円となっています。

 

gaiyou2

空調給排水管理監督者の資格は講習を受けることで取得できるため、難易度は易しめだと言われています。

講習は5日間かけて行われ、内容は建築物に関する衛生環境制度や衛生管理などを学習します。

また、再講習は1日で行われ、内容はほとんど通常通りです。

 

gaiyou3

空調給排水管理監督者の講習を受けるためには、職業能力開発促進法に規定されている技能検定のうち、ビル設備管理に関わるものに合格していなければなりません。

また、建築物環境衛生管理技術者の資格を取得していても受講できます。

修了証書の期限が切れてしまった場合などは、再講習を受けることになります。

 

gaiyou4

空調給排水管理監督者の資格を取得していると、ビル管理会社などで活躍できます。

業務独占資格に指定されていることが資格の価値を高めています。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share