製菓衛生士


 

gaiyou1

調理に関する資格の中では、一般に良く知られている資格の1つです。

製菓衛生師は名称独占資格のため、製菓衛生師の名称を用いて仕事をするためには絶対に必要な資格です。

添加物チェックや製品の安全性の確保、貯蔵のための衛生面の管理・監督が製菓衛生士の仕事です。

また、人気が出てきているため年々受験者も増加しています。

実力と資金さえあれば独立も可能な資格の1つです。独立とは違いますが、自分の教室を持つこともあるでしょう。

受験料に関しては、各都道府県ごとに違っているので、各衛生課までお問い合わせください。

gaiyou2

製菓衛生士の難易度は高くなく、やさしめになっています。

合格率は80%程度になっています。

試験方法は選択式なので勉強はしやすいのではないかと思います。

gaiyou3

1.指定の製菓衛生士養成施設で、1年以上勉強し、技能等を修得したもの。
2.中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上の実務経験者。

gaiyou4

資格概要の項でも書いたのですが、製菓衛生士の資格を持っていなければ必ずしも製菓衛生士の仕事ができないというわけではありません。

しかし、この資格を持っていることで就職先からの信頼を得られるのがメリットだと思います。

また、独立できるのも良い点の1つです。

 

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share