海事代理士


 

gaiyou1

海事代理士とは、海事に関する登記のプロのことです。

海事に関する手続きをするには、この資格を持っていなければ仕事をすることができません。

非常に専門性が強く、実務の上で技術的経験と知識を必要とするので、海事業務が好きな人でなければ勤まらないでしょう。

また、受験料は6800円となっています。

gaiyou2

海事代理士の難易度は高めなのですが、受験する人の多くはすでに司法書士や行政書士の資格を持っている人が受けるため、合格率は50%程度と高くなっています。

また、試験は、1次試験、2次試験に分かれていて、1次は学科試験、2次は口述試験となっています。

gaiyou3

1. 未成年者
2. 成年被後見人又は被保佐人
3. 禁錮以上の刑に処せられた者であって、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなってから2年を経過しないもの
4. 国家公務員法(昭和22年法律第120号)、 国会職員法(昭和22年法律第85号)または 地方公務員法(昭和25年法律第261号)の規定により懲戒免職の処分を受け、当該処分のあった日から2年を経過しない者
5. 第25条第1項の規定により登録の抹消の処分を受け、その処分の日から5年を経過しない者

gaiyou4

海事代理士の資格を持っていなければ、海事についての登記は出来ないので、登記についての仕事がしたいなら、取るべき資格だと思います。

また、行政書士や司法書士も一緒に取ると独立しやすくなります。

DktRnTquFf4joRD1388449929_1388449964

 

EG1E4_BUYlxuPkt1388450061_1388450117

Share