社会福祉士と介護福祉士の違いとは?


top (1)

「社会福祉士」とは、「ソーシャルワーカー」の国家資格です。

「介護福祉士」「精神保健福祉士」と並ぶ3国家福祉士の一つです。

「社会福祉士」は専門的な知識を用いて身体上もしくは精神上の障害があることまたは、環境上の理由により、日常生活を営むのに支障のあるものの福祉に関する相談に応じ助言、指導、福祉サービスを提供するもの、または医師そのほかの保健医療サービスを提供するもの、そのほかの関係者と連絡及び調整、援助を行うことを業とするものを言います。(名称独占の資格)

「社会福祉士」になるには、年に一回行われる国家試験に合格して登録する必要があります。

受験資格を取るには、福祉系大学などで受験に必要な単位を取る必要があります。

それでは、「社会福祉士」と「介護福祉士」の違いどのような点があるのでしょうか?

「社会福祉士」は、援助が必要な人に対して相談に乗ることが仕事で、福祉関係の法律や制度、心理学などについて熟知している必要があります。

試験もかなり難しいと言われています。

「介護福祉士」は、高齢者や身体が不自由な人を介護するのが仕事で、3年間の実務経験や福祉系の高校などを卒業すれば受験出来ます。

平たく言えば、「社会福祉士」は知的な能力が求められていています。

一方、「介護福祉士」はどちらかと言えば肉体的な力を必要とされています。

なお、ホームヘルパーは、2級や3級ともに国家資格ではありません。

講習を受ければ認められます。

「介護福祉士」よりも評価も低く給料も安いと言われています。

Share