義肢装具士の国家資格


義肢装具士の国家資格は余り知られていない特殊な職です。

身体に不自由な箇所を補助するための義肢や装具などを設計、または制作する職業です。

医師の指示があり担当するので、患者の様態と生活に支障が出ないかの判断も求められます。

義肢装具士は精密な作製技術が必要となるので、製図や工作が得意な人に向いている職業です。

国家試験を受けるには、3つの条件があります。

1. 文部科学大臣・厚生労働大臣が指定している義肢装具士養成所で3年以上、必要な知識とスキルを修得し、尚且つ大学に入学できる人。

2. 厚生労働大臣が定めている専門学校や大学、養成所で1年以上修業を行って、養成所で2年以上義肢装具士の知識とスキルを修得した人。

3. 職業能力開発促進法に習い義肢・装具の製作に係わる技能検定合格者で、1年以上義肢装具士の知識と技術を修得した人。

現代では、義肢・装具の見本を作るのに3Dプリンターを使用するなどのハイテク化も進んでいるようです。

必要な片取りをする時には、必要箇所にラップをして石灰を含んだテープを巻くなどの工夫を凝らしています。

装具の多くはリハビリテーションが目的な物もあるので、理学療法や作業療法の知識も必要となるのです。

義肢・装具が患者の身体に適合できるまで、何度も繰り返して作り変えることもあります。

このことから非常に根気強く接する忍耐力も備えておかなければなりません。

技術が発達するに連れ機動性が良く、デザインも良いものが好まれるようになり、使用者の精神的負担を減らすように開発が進められています。

Share