学芸員(補)の仕事とは


学芸員の仕事と言うのは、美術館や博物館に収蔵されている資料などの調査、研究また展示物の公開を主な仕事としています。

学芸員(補)はこの学芸員の仕事を補佐する仕事をする人のことを言います。

博物館での仕事と言っても様々で歴史、芸術の分野はもちろんのこと民俗、自然科学、産業の分野の知識も必要になってきます。

そして博物館や美術館では定期的に展示物の公開があります。

その時に博物館に訪れる人の応対などの仕事も含まれます。

基本的には学芸員と職務内容は変わりがないのが現実のようです。

またどんな人がなれるかと言うと大学に入学できる人間は誰でも学芸員(補)になる資格があるとされ、特別な資格は必要ありません。

ただ大事なこととして歴史や美術などが好きなことが挙げられます。

展示物に対して説明することが求められることもあるので歴史や美術に造詣が深いことも学芸員(補)になる条件だと言えます。

学芸員(補)の仕事に就いてからも調査研究の継続を求められるハイレベルな仕事だと言えます。

また調査、研究の仕事をするには常に学習意欲を持っている必要があります。

このように学芸員(補)の仕事を続けられるには美術や歴史の知識を持っているだけでは務まりません。

展示品を見に来られる人たちに説明をするための応対も必要になってきます。

また学芸員は雑用的な仕事から研究者的な仕事までその仕事内容は幅広いものがあります。

そのために学芸員(補)が学芸員を補佐することが重要になってくるのです。

Share