スピードと集中力が大事! 初生ひな鑑別師


初生ひな鑑別師とは、生まれたばかりのひよこの雌雄を、素早く見極める技術を認定する国家資格です。

ニワトリはオスとメスで育て方が異なります。

ですので早い段階で分けて育てることが必要です。

受験資格は満25歳以下で、高等学校卒業、あるいはそれと同等以上の資格がある人です。

また身体強健で視力1.0以上(矯正可)の人が対象となります。

まず最初に養成所に入所することがスタートです。

入所試験のレベルは高校新卒者であれば解答できるレベルの試験になります。

養成所の入所試験合格率は高いです。

なりたいという気持ちが強いことが合格に大きく繋がります。

次に養成所で講習を受けます。

そしてふ化場で1年から2年ほど研修を受けます。

その後、高等鑑別師考査に合格すると初生ひな鑑別師となるのです。

高等鑑別師考査の試験は非常に厳しくなっています。

合格率は約20%で大変な難関の資格です。

試験としては400羽を36分の間に99%以上の確率で仕分けることが求められます。

一羽あたりの鑑定額は、およそ4円程度で、1時間で約1000匹以上判別します。

平均年収は500万から600万円クラスになります。

スピードと集中力が要求される厳しい仕事です。

一度試験に合格しても鑑別の速さと高い精度を求められます。

就職先は、日本国内ではなく海外ヨーロッパ諸国がメインとなっています。

手先が器用で、集中力がある人に向いている仕事です。

とにかく海外で活躍したい方は、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

Share