高卒でも取得可能な4つのおすすめ国家資格


国家資格を取得したいけれど、どうしても受験資格や条件に引っかかってしまう場合があります。
中でも大学を出ていない高卒の方はどうやって着手すれば良いのか分からず困ってしまう場合も少なくないでしょう。
今回は受験資格が必要ない、または非常に条件が緩やかで、高卒でも狙えて役立つ資格を調べてみました。

狙いやすく即効性も十分な資格といえば「宅建主任者」です。
売買や賃貸契約の場面で活躍し、さらにオフィスや営業所への設置が義務付けられている宅建は、安定性や経済性が両立している代表的な資格となります。
受験資格もありませんので、「まずは資格が欲しい」という方に最適です。

次に貿易大国日本を支える「通関士」もおすすめです。
一見馴染みが薄そうと思われるかもしれませんが、通関士は貿易に関連するたった一つだけの国家資格になります。
さらに誰でも受けることが出来るために、活躍の場面も多く人気の資格です。

法務資格の定番といえる「行政書士」も人気です。
国家資格の中では比較的合格率が高く、加えて資格を活かすことで独立することも可能な資格となります。
そのため定番の国家資格と言えるでしょう。

実は誰でも受験可能な資格です。
さらに教材等も豊富にあるため狙いやすさで選ぶなら1番かもしれません。
行政書士に合格すれば社労士の受験資格が得られるのもポイントです。

IT時代の今、まず取りたいのが「ITパスポート」でしょう。
シスアドの後継的なポジションにあり合格率も40%と狙いやすいのがポイントです。
ITの基礎知識は会社の規模やジャンルを問わずに求められるため、併用で取得される方が多いです。

Share